染色加工・衣料資材・医療資材・産業資材まで、生地のカタチをさまざまに変える東洋染工の技術 

 

花粉付着防止加工

花粉の時期も、気にせず外出、外干し可能。

超微粒子(平均粒子径20nm)を繊維に接着し、透明の樹脂皮膜を形成させます。これにより、繊維間の凹凸を無くし、平滑性に富んだ生地にすることで、花粉が付着し難く、脱落させ易くします。

特徴

花粉付着防止加工を施すことにより、生地の凹凸がなくなり、
花粉と生地が点接触し、加工を施していない状態のものより、
花粉が生地に付きにくくなります。


花粉付着防止性

  花粉付着個数 リリース率
未加工布 160個/㎟ -
加工布 未洗濯 36個/㎟ 77.5%
加工布 洗濯10回 43個/㎟ 73.1%
加工布 洗濯20回 48個/㎟ 70.0%

   ※生地の素材により、上記データは変化します。

 

対象素材

ポリエステル
ナイロン
PU綿混素材


用途

各種スポーツウェア
インナーウェア
アウターウェア




東洋染工株式会社
〒919-0477 福井県坂井市春江町田端43-15 TEL.0776-51-2323戟@FAX.0776-51-5652